スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これも一種の反面教師


やっと模様替えをしました。
LDセットを買った時いろいろなバージョンで使えるのだからどんどん模様替えしていきたいなと思っていたけどなかなか実行できず、今回やっと変えてみました。

IMG_20180224_095222.jpg

テーブルを離してみました。

IMG_20180224_095041.jpg


シェルフの場所も移動。




あっ、椅子がない(隣のビューローと兼用で使っているのでいったりきたり)
やっとビューロー用の椅子を買いました。
上手く組み立てられたらまたUPします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

うちの母はわたしが子供のころとても厳しかったです。
家はいつも片付いていて綺麗でした。
記憶にある母はいつもコロコロを持っていて私の後を追っかけていた気がします(笑)
そんな母の口癖は「散らかっている家に幸せはない」「洗濯物の干し方ひとつでその家の格がわかる」でした。
怖いですね~私は一度も実家で洗濯物を干すことは許されませんでした(妹は頼りにされていたのにwww)


しかしそんな母も私が就職して家を出て時々帰省するだけの生活になってくると同時に年齢を重ねてきて以前のように家を片付けることができなくなってきました。
もともと物は少ない家ではないと思います。なんでもとりあえず取っておく。
スーパーの袋や割り箸、新聞屋からもらっていたビニール袋。とてもたくさんのものが引き出しの中にしまわれていました。
そのことは母の死後家を片付けたときに初めて発覚するのですが、目に見えて私が気になっていたのはダイニングテーブルでした。
そのダイニングテーブルは4人家族で暮らしていた時は丁度いい大きさのダイニングテーブルだったのですが子供が自立して夫婦二人になると余裕が出てきたせいか毎年テーブルの上に置いてあるものが増えてきていました。
最初はお茶セット、次は毎日飲むサプリメント、その次はもらって食べきれないお菓子、スプーン、お箸、etc,etc,,,
多分出したりしまったりするのがめんどくさくなって常に置くようになっていたんでしょうね。
最後の時はダイニングテーブルの半分以上は何かで占められていたような気がします。

いつも綺麗に片付けていた家を覚えている私はなんだかそのダイニングテーブルを見るたびに悲しい気持ちになってました。
でも母に忠告しても全く聞き耳持たず。
「お母さんの家なんだからほっといて。あんたはそんな風にしなければいい」

そんな私はもちろんダイニングテーブルに物を置くことを極端に嫌がるようになりました(笑)
いつもテーブルはこんな感じ。

IMG_20180224_095401.jpg



ただね~
確かについつい物って増えちゃうんだよね。
テーブルは置かなくてもカウンターの方に。


IMG_20180224_095628.jpg



コーヒーメーカー(ドルチェグスト)と電気ポット
あとついつい物を入れてしまうかご。
この籠の中は何が入っているのだろうとみてみるとDMとか耳かき、毎日飲むサプリメント、以前使っていたキーホルダー、商品のバーコード、ボールペン。
日常とは切っても切れない「なんにもならないもの」が入っているんですよね。
基本ものには定位置があるんだけどそういうものにはなかなか「定位置」がない。
出来たら失くしたい。

失くすとこんな感じになる。


IMG_20180224_095553.jpg

籠が一つないだけでこんなにすっきりするじゃないか。
どうにかしてここから籠が撤去できるようにしたいものです。


☆ランキングに参加しています☆


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。